着物を末永く愛用するには?

普段着ているファストファッションならば家に帰ってグチャグチャのままフローリングに脱ぎ捨ててくつろぐのでも元々その程度の価値しかないと割り切れば問題ないのかもしれません。
しかし着物ともなると高価なものが多いですよね。たまにしか着ないし、着る時は勝負をかけるべき所である事が理由として大きいでしょう。ほとんどの人が1着持っていればいい方だからあまり量が売れなくてそのために高価にならざるを得ないという事もあるのかもいしれませんが。
さて、そんな着物ですから、買い替えずにずっと着続けたいものです。ですがその為にはファストファッションの様に脱ぎ捨てるのではなく、きちんと手入れをしなければなりません。ではその方法とはどの様なものなのでしょうか?

汗を対策する

汗ジミがひどいと永く着用し続ける気が失せてきます。汗を対策するためには、霧吹きを使用します。シュッとひと吹き気になる所にかけて、タオルなど生地が傷まないもので軽く叩いておきましょう。水を含ませすぎると記事が縮んでしまいますが、少しならば問題ありません。
汗が残っていると着物を干した時にシワになりやすいので、汗はとれるだけとりましょう。

シワを対策する

シワといえばアイロンですが、アイロンは基本的には生地が丈夫で、少々傷んでも問題ない様なものにしか使用するべきではありません。アイロンを使う事で逆に記事が傷んでしまう場合があるからです。
ですので着物の様なそれなりに高価なものには極力アイロンを使わず、陰干しするなどの生地がに負担のかからない方法を選びましょう。直射日光をあてると変色してしまう場合があるので、日差しがあたらないように注意しましょう。

シミを対策する

最も厄介なのがシミですね。飲み物を飲んでいてついこぼしてしまったなど、シミができてしまう機会は数多くあります。
シミはできてしまったらできるだけ早く対処しましょう。後になればなるほど取りにくくなります。シミをとる事を面倒くさがって先送りしていると、個人でできる様な対策では何も効果がなくなってしまい、主体的な対策が何もできなくなってしまいます。そうなると専門の業者に依頼するしかなく、かなり費用が掛かります。
まあ、シミをとるには時にはベンジンの様な刺激の強いものを使わざるを得ず、着物を余計に傷つけてしまう場合もあるので無理せずに業者に頼むのが一番いい方法かもしれません。

  • 刀剣の買取なら、刀剣買取情報.comをご覧ください。当サイトは刀剣好きによる、刀剣についてのウェブサイト。刀剣は骨董品や古くから美術品の価値があり、江戸時代の大名も高価な贈り物で利用されてきました。刀剣の高価買取、売却のテクニックなど刀剣にまつわる情報が豊富に集まっています。